• TOP
  • NEWS一覧
  • MotoGPブリーラムオフィシャルテスト1日目

NEWS

MotoGPブリーラムオフィシャルテスト1日目
2018/02/18

 タイのブリーラムにあるチャーンインターナショナルサーキットでMotoGPのオフィシャルテストが3日間の日程で始まった。今年、MotoGPが初開催されるタイ。ブリーラムは首都バンコクから北東400kmに位置するコースで、2015年からSBKが開催されている。MotoGPライダーにとっては全員が初走行のコース。マシンセットアップもギアレシオを合わせるところから始めなければならないなど、初日でどんなタイムが記録されるのかが注目された。

初日はドライコンディションで行なわれ、現地時間の午前9時30分にスタート、午後5時30分まで8時間の走行枠が設けられた。開始40分すぎの10時11分にダニ・ペドロサ(ホンダ)が1分32秒783を記録、この時点で昨年のSBKのスーパーポール2で記録された1分32秒957を更新。

その後、10時19分にマルク・マルケス(ホンダ)が1分32秒333を記録。その7分後にダニロ・ペトルッチ(ドゥカティ)が1分32秒291とタイムを更新するが、10時50分すぎにマルケスが2周連続でファステストを更新、1分31秒742を記録する。

しかし、10時57分にはアンドレア・ドビジオーゾ(ドゥカティ)が1分31秒738を記録。さらに約30分後には再びマルケスがトップに立ち、1分31秒428を記録する。ドビジオーゾもその約4分後には1分31秒390を記録して逆転するが、マルケスが12時7分すぎに1分30秒台に突入、1分30秒912を記録する。昼過ぎになって各ライダー、ランチブレイクに入り、リーダーボードトップの座をマルケスがキープ。

残り1時間半となった16時すぎごろから各ライダーがコースにで始めると、16時44分にカル・クロッチロウ(ホンダ)が1分30秒797をたたき出し、これが初日のトップタイムとなった。クロッチロウは転倒を喫したものの、トータル11度のコースインで70周を周回すると、1分31秒台を12回、1分30秒台を1回記録した。

2番手に1分30秒809でアレックス・リンス(スズキ)が続いた。リンスは12度のコースインで70周を回り、1分31秒台を14回、1分30秒台を2回記録して、0.012秒差の2番手。終了15分前の17時15分ごろに自己ベストを記録した。

マルケスは12度のコースインで78周を周回、1分31秒台を最多の22回、1分30秒台を最多の4回記録して、0.115秒差の3番手となった。ドビジオーゾが1分30秒945で4番手に続いた。ドビジオーゾはドゥカティが準備した新しいフェアリングをテスト。11度のコースインで60ラップを周回すると、1分31秒台を13回、1分30秒台を1回記録している。

5番手に1分30秒960でダニ・ペドロサ(ホンダ)。ペドロサは転倒を喫したが、大きなダメージはなく、11度のコースインで75ラップを周回すると、1分31秒台を10回、1分30秒台を1回記録。ペトルッチが1分31秒003で6番手に続き、7番手に1分31秒044でジャック・ミラー(ドゥカティ)。

本日誕生日を迎え、39歳となったバレンティーノ・ロッシ(ヤマハ)は12度のコースインで74周を周り、1分31秒台を9回記録して、1分31秒189で8番手となった。

9番手に1分31秒235でアンドレア・イアンノーネ(スズキ)、10番手に1分31秒246でホルヘ・ロレンソ(ドゥカティ)が続き、マーベリック・ビニャーレス(ヤマハ)は1分31秒294で11番手。ヨハン・ザルコ(ヤマハ)はYZR-M1の2016年型シャーシを使用し、1分31秒305で12番手。、ティト・ラバット(ドゥカティ)が1分31秒523で13番手、アルバロ・バウティスタ(ドゥカティ)が1分31秒525で14番手に、アレイシ・エスパルガロ(アプリリア)が1分31秒662で15番手に、スコット・レディング(アプリリア)が1分31秒685で16番手に続いた。

中上 貴晶(ホンダ)は12度のコースインで最多の87周を周回、1分31秒台を3回記録し、15時15分すぎの55周目に記録した1分31秒692がベストラップ。ルーキートップの17番手で初日を終えた。

以下、カレル・アブラハム(ドゥカティ)が1分31秒698で18番手に、フランコ・モルビデリ(ホンダ)が1分31秒729で19番手に、ブラドリー・スミス(KTM)が1分31秒741で20番手に、トーマス・ルティ(ホンダ)が1分32秒716で21番手。ハビエル・シメオン(ドゥカティ)は転倒でマシンにダメージを負ったが、シメオン本人に大きなケガはなく、1分32秒720で22番手となった。

セパンテストでの負傷により、ポル・エスパルガロ(KTM)は今回のテストを欠場。代わって、テストライダーのミカ・カーリョ(KTM)がテストプログラムを担当し、1分32秒749で23番手となった。

昨年シーズン終盤からの体調不良により今シーズンの欠場を決めたジョナス・フォルガー(ヤマハ)の代役として、今回のテストに参加したハフィス・シャーリン(ヤマハ)はMotoGPマシンを初ライド、初コースという条件の中、トップから2秒368遅れの1分33秒165がベストラップとなり 24番手で初日を終えた。


MotoGPブリーラムオフィシャルテスト1日目
1     カル・クロッチロウ(ホンダ)    1分30秒797    57 / 70
2     アレックス・リンス(スズキ)    1分30秒809    66 / 70
3     マルク・マルケス(ホンダ)    1分30秒912    30 / 78
4     アンドレア・ドビジオーゾ(ドゥカティ)    1分30秒945    30 / 60
5     ダニ・ペドロサ(ホンダ)    1分30秒960    70 / 75
6     ダニロ・ペトルッチ(ドゥカティ)    1分31秒003    70 / 74
7     ジャック・ミラー(ドゥカティ)    1分31秒044    78 / 83
8     バレンティーノ・ロッシ(ヤマハ)    1分31秒189    68 / 74
9     アンドレア・イアンノーネ(スズキ)    1分31秒235    70 / 78
10     ホルヘ・ロレンソ(ドゥカティ)    1分31秒246    60 / 64
11     マーベリック・ビニャーレス(ヤマハ)    1分31秒294    67 / 70
12     ヨハン・ザルコ(ヤマハ)    1分31秒305    35 / 67
13     ティト・ラバット(ドゥカティ)    1分31秒523    70 / 85
14     アルバロ・バウティスタ(ドゥカティ)    1分31秒525    76 / 84
15     アレイシ・エスパルガロ(アプリリア)    1分31秒662    57 / 62
16     スコット・レディング(アプリリア)    1分31秒685    55 / 59
17     中上 貴晶(ホンダ)    1分31秒692    55 / 87
18     カレル・アブラハム(ドゥカティ)    1分31秒698    75 / 82
19     フランコ・モルビデリ(ホンダ)    1分31秒729    67 / 72
20     ブラドリー・スミス(KTM)    1分31秒741    58 / 67
21     トーマス・ルティ(ホンダ)    1分32秒716    73 / 79
22     ハビエル・シメオン(ドゥカティ)    1分32秒720    47 / 50
23     ミカ・カーリョ(KTM)    1分32秒749    21 / 48
24     ハフィス・シャーリン(ヤマハ)    1分33秒165    63 / 70



CONTACT US

編集部へのお問い合わせはこちらから

お問い合わせ
Copyright (C) RIDINGSPORT. All rights reserved.