• TOP
  • NEWS一覧
  • MotoGP第18戦(最終戦)バレンシアGP Moto2 1日目フリー走行

NEWS

MotoGP第18戦(最終戦)バレンシアGP Moto2 1日目フリー走行
2017/11/11

 MotoGP第18戦(最終戦)バレンシアGP、Moto2クラスは、スペインのリカルド・トルモサーキットで1日目の2回のフリー走行を行ない、ミゲール・オリベイラ(KTM)が1分35秒802で初日総合トップに立った。

Moto2クラスのフリー走行1日目は午前中の1回目、午後の2回目共にドライコンディションで行なわれた。オーストラリアGP、マレーシアGPと2連勝を飾っているオリベイラは、今レースも好調をキープ。初日は1回目、2回目共にトップタイムを記録し、2回目のセッションの終了5分前にファステストラップを記録。初日を完全制覇した。

総合2番手に1分35秒859でフランチェスコ・バニャーヤ(カレックス)、総合3番手に1分36秒010でブラッド・ビンダー(KTM)が続き、マッティア・パシーニ(カレックス)が1分36秒013で総合4番手に。総合5番手に1分36秒038でアレックス・マルケス(カレックス)が続き、中上 貴晶(カレックス)は1回目、2回目共にセッション6番手、2回目に記録した1分36秒118で初日を総合6番手で終えた。

総合7番手に1分36秒231でマーセル・シュローター(スーター)、前戦でタイトルを決めたフランコ・モルビデリ(カレックス)は1分36秒240で総合8番手で初日をスタート。マレーシアGPで負傷し、今レースも欠場することになったトーマス・ルティ(カレックス)の代役として参戦するリカルド・カルダス(カレックス)が1分36秒311で総合9番手に続き、総合10番手に1分36秒356でチャビ・ビエルヘ(テック3)。長島 哲太(カレックス)は1回目23番手、2回目24番手、2回目に記録した1分37秒051で総合26番手で初日を終えた。



CONTACT US

編集部へのお問い合わせはこちらから

お問い合わせ
Copyright (C) RIDINGSPORT. All rights reserved.