• TOP
  • NEWS一覧
  • MotoGP第16戦オーストラリアGP Moto2決勝

NEWS

MotoGP第16戦オーストラリアGP Moto2決勝
2017/10/23

 MotoGP第16戦オーストラリアGP、Moto2クラスは、オーストラリアのフィリップアイランドで決勝レースを行ない、ミゲール・オリベイラ(KTM)が優勝した。

Moto2クラスの決勝レースは気温16度、路面29度のドライコンディションで争われたが、レース途中にコースの一部で雨が降っていることを示すレッドクロス旗が掲示された。

オリベイラは好スタートで序盤からレースをリード。フランコ・モルビデリ(カレックス)、ブラッド・ビンダー(KTM)が続き、2周目からこの3人が4番手以下に差をつけてトップ争いを展開する。

オリベイラがトップをキープして周回を重ね、その後方ではモルビデリとビンダーが順位を入れ替えながらポジション争いを展開。レース中盤になるとオリベイラが単独トップに立ち、2番手以下との差をどんどん広げていく。

中盤すぎになると、2番手争いの二人に中上 貴晶(カレックス)が追いつき、中上は15周目にファステストラップを記録。16周目の1コーナー進入でモルビデリがビンダーに接触して遅れると、一気に中上が背後に迫り、19周目に3番手、20周目には2番手に浮上する。

二人を交わした中上は単独2番手に浮上すると、トップを行くオリベイラとの差を少しずつ縮めて行くが、終盤に再びレッドクロス旗が掲示。中上は残り1周半となった8コーナーで転倒を喫し、リタイアに終わる。

オリベイラがMoto2クラス初優勝を達成。2番手争いはビンダーとモルビデリが最終ラップまで僅差のバトルを繰り広げるが、ビンダーが制してMoto2クラス初表彰台を獲得。KTMシャーシのマシンがMoto2クラスで初のワンツーフィニッシュを飾った。

モルビデリが3位に入賞。4位にイェスコ・ラフィン(カレックス)が続き、Moto2クラスベストリザルトを達成。5位にチャビ・ビエルヘ(テック3)が入賞した。

終盤、6人のライダーが接戦を繰り広げた6番手争いをアレックス・マルケス(カレックス)が制して6位に入賞。7位にシモーネ・コルシ(スピードアップ)、8位にドミニク・エガター(スーター)、9位にサンドロ・コルテセ(スーター)、10位にトーマス・ルティ(カレックス)の順で続いた。ルティはウエットで行なわれた朝のウオームアップセッションで激しくクラッシュ。痛みを抱えたまま決勝に臨み、序盤はセカンドグループにつけていたものの後退。この結果、ランキングトップのモルビデリとのポイント差は29ポイントに拡大した。

長島 哲太(カレックス)は18位でゴール。ポールスタートのマッティア・パシーニ(カレックス)はスタートで出遅れ、2周目の2コーナーで2番グリッドからスタートしたマーセル・シュローター(スーター)の転倒に巻き込まれ、両者リタイアに終わった。



CONTACT US

編集部へのお問い合わせはこちらから

お問い合わせ
Copyright (C) RIDINGSPORT. All rights reserved.