NEWS

MotoGP第15戦日本GP Moto2 2日目予選
2017/10/14

 MotoGP第15戦日本GP、Moto2クラスは、栃木県のツインリンクもてぎで2日目の予選を行ない、中上 貴晶(カレックス)が1分53秒776でポールポジションを獲得した。

Moto2クラスの予選は気温15度、路面温度17度のウエットコンディションでスタートしたが、路面はセッションが進むにつれて乾いて行き、終盤はスリックタイヤでのタイムアタックとなり、セッション終盤は次々にタイムが更新されて行く混戦となった。

中上はセッション終了残り5分で3番手に浮上。その後、連続して自己ベストを更新し、チェッカー11秒前に一度はトップに浮上するが、その直後にアレックス・マルケス(カレックス)が逆転してトップに立つ。しかし、中上は最後のアタックでマルケスのタイムを0.128秒更新、ホームレースで今シーズン初、グランプリ通算5回目となるポールポジションを獲得した。

2番手に1分53秒904でマルケスが続いた。マルケスはセッション序盤に90度コーナー(11コーナー)でコースオフを喫したが、転倒を免れ、セッション終盤にポジションを挽回。3番手に1分54秒046でチャビ・ビエルヘ(テック3)が続き、グランプリ初フロントロウを獲得した。

4番手に1分54秒139でマッティア・パシーニ(カレックス)が続き、残り10分を切ったあたりから激しいリーダーボードトップ争いを展開したミゲール・オリベイラ(KTM)とハーフィス・シャハリン(カレックス)だったが、オリベイラが1分54秒289で5番手、シャハリンが1分54秒362で6番手となった。

7番手に1分54秒409でサンドロ・コルテセ(スーター)、8番手に1分55秒181でマーセル・シュローター(スーター)、9番手に1分55秒220でハビエル・シメオン(カレックス)、10番手に1分55秒223でアウグスト・フェルナンデス(スピードアップ)の順で続き、チャンピオン争いを展開しているランキング2位のトーマス・ルティ(カレックス)は1分55秒684で13番手、ポイントリーダーのフランコ・モルビデリ(カレックス)は1分55秒988で15番手に終わった。

ワイルドカード参戦の水野 涼(カレックス)と榎戸 育寛(カレックス)にとっては、この難しい路面状況の中でこのウイーク中、初めてスリックタイヤでのアタックとなったが、水野が1分56秒729で23番手、榎戸が1分56秒885で25番手を獲得した。長島 哲太(カレックス)は午前中のフリー走行3回目で7番手につけていたが、予選では残り約5分で3コーナーで転倒、最後のアタックを行なうことができず、1分57秒946で29番手から決勝に臨む。



CONTACT US

編集部へのお問い合わせはこちらから

お問い合わせ
Copyright (C) RIDINGSPORT. All rights reserved.