NEWS

MotoGP第10戦チェコGP MotoGP 2日目予選
2017/08/06

 MotoGP第10戦チェコGP、MotoGPクラスは、チェコのブルノサーキットで2日目の予選を行ない、マルク・マルケス(ホンダ)が1分54秒981でポールポジションを獲得した。

MotoGPクラスの3回のフリー走行でトップに立ったのはマルケス。総合11番手以下のライダーによって争われるQ1で上位につけたダニロ・ペトルッチ(ドゥカティ)とアルバロ・バウティスタ(ドゥカティ)の二人を加えた12名のライダーによって、気温30度、路面温度48度のドライコンディションでQ2は争われた。

マルケスは開始4分すぎにトップに立つが、ダニ・ペドロサ(ホンダ)がすぐに逆転でトップに浮上する。2回目のアタックが始まると、残り2分でマルケスがトップに浮上すると、そのまま今シーズン4回目となるポールポジションを獲得した。

終盤のアタックで1分55秒073を記録したバレンティーノ・ロッシ(ヤマハ)が2番手に続き、イタリアGP以来となるフロントロウを獲得。ペドロサは最後のアタックで自己ベストを更新する1分55秒119を記録して3番手フロントロウを獲得した。

4番手に1分55秒441でアンドレア・ドビジオーゾ(ドゥカティ)、5番手に1分55秒489でカル・クロッチロウ(ホンダ)が続き、ホルヘ・ロレンソ(ドゥカティ)は序盤に2番手につけていたが、このときに記録したタイムがコースのリミットオーバーで無効となり、2回目のアタックで記録した1分55秒552で6番手となった。

7番手に1分55秒663でマーベリック・ビニャーレス(ヤマハ)、8番手に1分55秒738でQ1トップのダニロ・ペトルッチ(ドゥカティ)が続き、9番手に1分56秒027でアルバロ・バウティスタ(ドゥカティ)、10番手に1分56秒075でヨハン・ザルコ(ヤマハ)の順で続いた。

アレイシ・エスパルガロ(アプリリア)はQ2のセッション終盤に転倒、1分56秒355で11番手。ロリス・バズ(ドゥカティ)が1分56秒624で12番手に続き、ここまでがQ2の結果でグリッドを決定。

以下、Q1のタイム順にアレックス・リンス(スズキ)が1分56秒460で13番手、ジョナス・フォルガー(ヤマハ)が1分56秒540で14番手、ジャック・ミラー(ホンダ)が1分56秒543で15番手。

以下、16番手に1分56秒685でエクトル・バルベラ(ドゥカティ)、17番手に1分56秒786でカレル・アブラハム(ドゥカティ)、18番手に1分57秒034でポル・エスパルガロ(KTM)、19番手に1分57秒042でブラドリー・スミス(KTM)、20番手に1分57秒245でアンドレア・イアンノーネ(スズキ)、21番手に1分57秒288でティト・ラバット(ホンダ)、22番手に1分57秒465でサム・ロウズ(アプリリア)、23番手に1分57秒517でスコット・レディング(ドゥカティ)の順となった。



CONTACT US

編集部へのお問い合わせはこちらから

お問い合わせ
Copyright (C) RIDINGSPORT. All rights reserved.