NEWS

全日本RR第5戦オートポリス予選J-GP2
2017/06/25

  全日本第5戦オートポリスJ-GP2の予選は悪天候のために決勝日朝に行なわれ、水野涼(MuSASHi RT HARC-PRO.)がポールポジションを獲得した。
 土曜日の豪雨は日曜日朝には回復。雨も上がり、一瞬太陽が顔を見せる。J-GP2予選開始直前にはまたもや霧が降りてきたが、土曜日のようにコースがすっかり包まれることなく予選セッションが開始された。
 セッション開始と共に霧も後退。薄日が戻った。順調に自己タイムを更新して予選をリードした水野。追いかけたのは伊藤勇樹(伊藤RACING)、徳留真紀(マルマエPLUSONE)、関口太郎(SOX Team TARO PLUSONE)。セッション中盤には岩戸亮介(Team髙武 RSC)もこの争いに参加。しかし水野は着々と自己タイムを更新。2番手以下を3秒以上突き放す。
 セッション残り3分。生形秀之(エスパルスドリームレーシング)が2番手に浮上。水野に2.5秒差とする。
 ラストアタック。生形がさらなるペースアップをねらう。しかしうまくクリアラップが取れずに自己タイム更新ならず。同時に関口も最終アタックを慣行。水野には届かなかったものの、その差を2秒差として2番手奪取。水野は堂々のポールポジション。残りのフロントロウ1席を地元の岩戸が獲得。2列目に生形、伊藤、徳留が並ぶことになった。
 

CONTACT US

編集部へのお問い合わせはこちらから

お問い合わせ
Copyright (C) RIDINGSPORT. All rights reserved.