NEWS

EWC第3戦オーシャスレーベン8耐
2017/05/22

 EWC(世界耐久ロードレース選手権)第3戦オーシャスレーベン8時間耐久は、ドイツのモータースポーツ・アリーナ・オーシャスレーベンで決勝レースが行なわれ、GMT94 YAMAHAのダビド・チェカ/ニッコロ・カネパ/マイク・デ・ミオ組が優勝した。

GMT94 YAMAHAはポールポジションからスタート、318周を回って、前戦ル・マン24時間に続いて2連勝を飾った。同一周回、30秒587差の2位にYART - YAMAHAのブロック・パークス/マービン・フリッツ/野左根航汰組が続き、ヤマハ勢が2戦連続ワンツーフィニッシュを達成。3位に予選14番手からスタートしたMACO RACING Teamのグレッグ・ジュノドマルコ・ヤーマンアンソニー・ドス・サントス組が315周で続いた。

F.C.C. TSR Hondaのグレッグ・ブラック/ダミアン・カドリン/ジョシュ・フック組は予選5番手からスタート、314周を回って5位に入賞した。


CONTACT US

編集部へのお問い合わせはこちらから

お問い合わせ
Copyright (C) RIDINGSPORT. All rights reserved.