NEWS

MotoGP第4戦スペインGP Moto3決勝
2017/05/08

 MotoGP第4戦スペインGP、Moto3クラスは、スペインのヘレスサーキットで決勝レースを行ない、アロン・カネト(ホンダ)が優勝した。

Moto3クラスの決勝レースは気温25度、路面温度35度のドライコンディションで争われた。ポールスタートのホルヘ・マルティン(ホンダ)が好スタートを切るが、1周目のバックストレートエンドでトップに立ったのはロマーノ・フェナティ(ホンダ)。4番グリッドからスタートしたマルコス・ラミレス(KTM)、10番グリッドからスタートしたダリン・ビンダー(KTM)の二人が序盤からトップ争いに加わり、12人のライダーがトップ集団を形成し、激しくポジションを争う。中盤まではラミレスがトップ争いをリード。ビンダーも積極的に前をねらい、何度もトップに浮上する。

しかし、ビンダーはレース中盤の11周目の最終コーナーで転倒、再スタートしたものの、大きく遅れてしまう。フェナティ、ラミレスが激しくポジションを争う中、序盤からトップ集団につけていたカネト、ホアン・ミル(ホンダ)も終盤になるとトップをうかがう動きを見せ始める。カネトは18周目にトップに立つと、レースをリード。22周目にフェナティがトップを奪還し、最終ラップにトップで入るが、最終ラップの最終コーナーではフェナティ、カネト、ミル、ラミレスの4台の接戦となり、最終コーナー進入でインに飛び込んだカネトがそのままトップでチェッカーを受け、グランプリ初優勝をホームレースで達成した。

僅差の2位にフェナティ、3位にミルが続き、ミルがランキングトップの座をキープ。フェナティがランキング2位に浮上した。

ラミレスはグランプリベストとなる4位に入賞。5位にファビオ・ディ・ジャンアントニオ(ホンダ)、6位にアンドレア・ミーニョ(KTM)、7位にニッコロ・ブレーガ(KTM)、8位にエネア・バスティアニーニ(ホンダ)が続き、ポールスタートのマルティンはトップ集団後方の9位でゴール。10位にフアンフラン・ゲバラ(KTM)が続いた。ランキング3位だったジョン・マクフィー(ホンダ)はセカンドグループでバトルしていたが、15周目の1コーナーで転倒、リタイアに終わり、ランキング4位に後退した。

日本勢では佐々木 歩夢(ホンダ)が15位に入賞、鳥羽 海渡(ホンダ)は17位でチェッカーを受けた。鈴木 竜生(ホンダ)は1周目のバックストレートエンドの6コーナーで転倒、再スタートしたもののリタイアに終わった。



CONTACT US

編集部へのお問い合わせはこちらから

お問い合わせ
Copyright (C) RIDINGSPORT. All rights reserved.