NEWS

MotoGP第4戦スペインGP Moto2 2日目予選
2017/05/07

 MotoGP第4戦スペインGP、Moto2クラスは、スペインのヘレスサーキットで2日目の予選を行ない、アレックス・マルケス(カレックス)が1分42秒080でポールポジションを獲得した。

Moto2クラスの予選は気温25度、路面温度42度のドライコンディションで争われた。初日トップのマルケスは、二日目のフリー走行3回目でもトップタイムを記録。予選では開始約7分でサーキットベストラップを更新する1分42秒080を記録した。セッション終了間際にアタックに出たマルケスだったが、リアタイヤがパンクするハプニングに見舞われたものの、転倒は免れ、Moto2クラス初ポールポジションを獲得した。

2番手に1分42秒126でチームメイトのフランコ・モルビデリ(カレックス)が続き、ドミニク・エガター(スーター)が1分42秒312で3番手と、今シーズン初フロントロウを獲得。ただし、エガターはセッション中盤に6コーナーで転倒を喫し、ピットに戻った後、終盤にアタックに出たがタイム更新はならなかった。

4番手に1分42秒409でミゲール・オリベイラ(KTM)、5番手に1分42秒598でマッティア・パシーニ(カレックス)、6番手に1分42秒704でフランチェスコ・バニャーヤ(カレックス)、7番手に1分42秒763でチャビ・ビエルヘ(テック3)の順で続き、中上 貴晶(カレックス)は1分42秒834で8番手を獲得。9番手に1分42秒870でマーセル・シュローター(スーター)、10番手に1分42秒903でアクセル・ポンス(カレックス)の順で続いた。長島 哲太(カレックス)は1分43秒707で24番手から決勝レースに臨む。



CONTACT US

編集部へのお問い合わせはこちらから

お問い合わせ
Copyright (C) RIDINGSPORT. All rights reserved.