• TOP
  • NEWS一覧
  • MotoGP第2戦アルゼンチンGP MotoGP 2日目予選

NEWS

MotoGP第2戦アルゼンチンGP MotoGP 2日目予選
2017/04/09

 MotoGP第2戦アルゼンチンGP、MotoGPクラスは、アルゼンチンのアウトドロモ・テルマス・デ・リオ・オンドで2日目の予選を行ない、マルク・マルケス(ホンダ)が1分47秒512でポールポジションを獲得した。

MotoGPクラスの3回のフリー走行でトップに立ったのはマーベリック・ビニャーレス(ヤマハ)。MotoGPクラスの2日目は午前中のフリー走行3回目のセッション中盤に雨が降り、ダニ・ペドロサ(ホンダ)、アンドレア・ドビジオーゾ(ドゥカティ)、バレンティーノ・ロッシ(ヤマハ)、ホルヘ・ロレンソ(ドゥカティ)のトップライダー4人がQ2進出を逃した。予選直前のフリー走行4回目、Q1もウエットコンディションとなり、Q1ではペドロサがトップ、ロッシが2番手でQ1を通過し、Q2に進出。

Q2もウエットコンディションで争われ、マルケスは開始6分すぎに1分48秒571でリーダーボードのトップに立つと、残り2分で自己ベストを更新する1分47秒512を記録して、今シーズン初となるポールポジションを獲得した。

フリー走行総合4番手からQ2に進出したカレル・アブラハム(ドゥカティ)はウエットのQ2でもセッション終盤に1分48秒275を記録、MotoGPクラスベストグリッド、グランプリ初フロントロウを獲得。インディベンデントチームトップとなった。午前中のフリー走行3回目でトップタイムを記録していたカル・クロッチロウ(ホンダ)が、Q2セッション終盤に1分48秒278で3番手でフロントロウを獲得。

4番手に1分48秒908でダニロ・ペトルッチ(ドゥカティ)が続き、Q1トップからQ2に進出したペドロサは1分49秒008で5番手を獲得。ビニャーレス(ヤマハ)は1分49秒218で6番手となり、Q1からQ2に進出したロッシは1分49秒272で7番手に。

8番手に1分49秒323でアレイシ・エスパルガロ(アプリリア)、9番手に1分49秒630でロリス・バズ(ドゥカティ)、10番手に1分49秒724でアルバロ・バウティスタ(ドゥカティ)、11番手に1分49秒825でジョナス・フォルガー(ヤマハ)が続き、ルーキートップに。1分50秒725で12番手のアンドレア・イアンノーネ(スズキ)までの上位12名が、Q2のタイム順でグリッドが決まった。

ドビジオーゾはQ2進出ならず、1分49秒488で13番手。14番手に1分49秒916でヨハン・ザルコ(ヤマハ)、15番手に1分50秒048でスコット・レディング(ドゥカティ)の順で続いた。ロレンソはQ1で6番手に終わり、1分50秒310で16番手からのスタート。

以下、17番手に1分50秒319でジャック・ミラー(ホンダ)、18番手に1分50秒673でポル・エスパルガロ(KTM)、19番手に1分50秒676でブラドリー・スミス(KTM)、20番手に1分50秒910でティト・ラバット(ホンダ)、21番手に1分51秒058でエクトル・バルベラ(ドゥカティ)、22番手に1分51秒199でサム・ロウズ(アプリリア)、23番手に1分52秒340でアレックス・リンス(スズキ)の順となった。



CONTACT US

編集部へのお問い合わせはこちらから

お問い合わせ
Copyright (C) RIDINGSPORT. All rights reserved.