NEWS

MotoGP第1戦カタールGP Moto3決勝
2017/03/27

 MotoGP第1戦カタールGP、Moto3クラスは、カタールのロサイルインターナショナルサーキットで決勝レースを行ない、ホアン・ミル(ホンダ)が優勝した。

Moto3クラスの決勝レースは気温22度、路面温度24度のドライコンディションで行なわれた。ポールポジションからスタートしたホルヘ・マルティン(ホンダ)が1コーナーにトップで進入。ミル、フィリップ・エッテル(KTM)らが続き、12人前後のライダーが、トップ集団を形成すると、ポジションを入れ替えながら周回を重ねていく。ルーキーの佐々木 歩夢(ホンダ)もトップ集団の後方につけ、着実に周回を重ねていく。

トップ集団の中から4周目の6コーナーでボ・ベンスナイダー(KTM)が転倒、再スタートしたもののの大きく遅れてしまう。そして、レース中盤に入った13周目の6コーナーで、エッテルが転倒、アウト側にいたフアンフラン・ゲバラ(KTM)が巻き込まれて転倒してしまう。トップ集団の後方にいたアダム・ノロディン(ホンダ)と佐々木もこの転倒の影響を受けて、トップ集団からやや離されてしまう。

ミルは中盤以降もレースをリード。終盤にアロン・カネト(ホンダ)、ジョン・マクフィー(ホンダ)がトップに浮上し、最終ラップの1コーナーをトップで抜けたのはマクフィーだったが、4コーナーでミルがマクフィーを交わしてトップに立つと、そのままポジションを守り切ってトップでチェッカーを受けた。今年からホンダにスイッチしたミルは、昨年のオーストリアGP以来の勝利、グランプリ通算2勝目となる。

僅差の2位にマクフィー。3位にマルティが続き、カネトが4位、フェナティが5位、アンドレア・ミーニョ(KTM)が6位、ニッコロ・アントネッリ(KTM)が7位、ファビオ・ディ・ジャンアントニオ(ホンダ)が8位に続いた。マルコス・ラミレス(KTM)が9位、アダム・ノロディン(ホンダ)が10位に入賞。

日本人ライダーでは、佐々木がルーキートップとなる11位に入賞。鈴木 竜生(ホンダ)は15位に入賞した。鳥羽 海渡(ホンダ)は接戦を繰り広げ、19位でゴールした。



CONTACT US

編集部へのお問い合わせはこちらから

お問い合わせ
Copyright (C) RIDINGSPORT. All rights reserved.