• TOP
  • NEWS一覧
  • MotoGP第1戦カタールGP MotoGP 1日目フリー走行

NEWS

MotoGP第1戦カタールGP MotoGP 1日目フリー走行
2017/03/24

 MotoGP第1戦カタールGP、MotoGPクラスは、カタールのロサイルインターナショナルサーキットで1日目フリー走行を行なった。ナイトレースでレースウイークが4日間の変則スケジュールで行なわれるカタールGPの初日だが、MotoGPクラスはフリー走行1回目のみが行なわれた。気温、路面温度共に22度のドライコンディションでフリー走行1回目は行なわれたが、湿度67%とやや高めで、路面もやや砂が浮いた状態だった。

セッション序盤をリードしたのはマルク・マルケス(ホンダ)。マルケスは開始6分すぎにリーダーボードのトップに立つ。マルケスは続く周回でもファステストを更新するが、その直後にアンドレア・ドビジオーゾ(ドゥカティ)がマルケスを交わしてトップに浮上し、ドビジオーゾも2周連続でファステストを更新したものの、開始14分すぎにマーベリック・ビニャーレス(ヤマハ)がトップに立ち、そのままセッションをリードする。

終盤に入り、残り5分を切ったところでホルヘ・ロレンソ(ドゥカティ)がトップに浮上。しかし、ビニャーレスも終盤のアタックで2周連続でファステストを更新。1分54秒316を記録し、初日トップに立った。ビニャーレスはオフィシャルテストからの好調さを証明した。

2番手に終盤のアタックで1分54秒912のベストを記録したマルケスが続き、3番手に1分55秒210でダニ・ペドロサ(ホンダ)。テストから好調だったMotoGPルーキーのジョナス・フォルガー(ヤマハ)が1分55秒587で4番手とインディペンデントチーム勢のトップ、ルーキーのトップで初日を終えた。

一時トップに立ったロレンソは、1分55秒607で5番手に。ロリス・バズ(ドゥカティ)が1分55秒624で6番手に続き、セッション序盤にマシントラブルに見舞われたカル・クロッチロウ(ホンダ)は、スペアマシンに乗り換え、1分55秒639で7番手に。8番手に1分55秒792でヨハン・ザルコ(ヤマハ)が続き、ルーキー勢2番手。バレンティーノ・ロッシ(ヤマハ)は1分55秒799で9番手。10番手に1分55秒872でアレイシ・エスパルガロ(アプリリア)が続いた。

ドビジオーゾは序盤に記録したタイムを終盤に更新することができず、1分55秒873で11番手、スコット・レディング(ドゥカティ)が1分56秒000で12番手、アンドレア・イアンノーネ(スズキ)が1分56秒027で13番手、アルバロ・バウティスタ(ドゥカティ)が1分56秒128で14番手に続き、MotoGPにカムバックしたカレル・アブラハム(ドゥカティ)はセッション終盤のアタック中に2コーナーで転倒、1分56秒399で15番手。

16番手に1分56秒419でダニロ・ペトルッチ(ドゥカティ)、17番手に1分56秒453でジャック・ミラー(ホンダ)、18番手に1分56秒502でアレックス・リンス(スズキ)、19番手に1分56秒725でティト・ラバット(ホンダ)、20番手に1分56秒725でエクトル・バルベラ(ドゥカティ)の順で続き、フル参戦デビューのKTMを駆るポル・エスパルガロ(KTM)は1分57秒630で21番手。サム・ロウズ(アプリリア)はセッション中盤に9コーナーで転倒、1分57秒887で22番手。ブラドリー・スミス(KTM)は1分58秒114で23番手で初日を終えた。



CONTACT US

編集部へのお問い合わせはこちらから

お問い合わせ
Copyright (C) RIDINGSPORT. All rights reserved.