• TOP
  • NEWS一覧
  • ヤマハVR46マスターキャンプ参加のウォンタナノンがMoto3ジュニア世界選手権に参戦

NEWS

ヤマハVR46マスターキャンプ参加のウォンタナノンがMoto3ジュニア世界選手権に参戦
2017/02/02

 ヤマハと「VR46ライダーズアカデミー」が協力し、若手ライダーの育成のために2016年よりスタートしたプロジェクト、「ヤマハVR46マスターキャンプ」の参加者であるアピワット・ウォンタナノン(タイ)が、「VR46 マスターキャンプチーム」から、2017 FIM CEVインターナショナル選手権・Moto3ジュニア世界選手権クラスに参戦することが決定した。

ウォンタナノンは「ヤマハ タイランド レーシングチーム」から、アジアロードレース選手権AP250クラスに参戦。活躍が認められ、「ヤマハVR46マスターキャンプ」の参加者に選出された。そして、2016年のAP250チャンピオンを獲得したことにより、「VR46 ライダーズアカデミー」と協議を重ね、次のステップに進む初のライダーとして選出された。

ウォンタナノンは、「VR46 マスターキャンプチーム」の一員としてイタリアに拠点を移し、全8戦で開催されるCEVインターナショナル選手権に参戦する。

「VR46 ライダーズアカデミーと契約できたことをとてもうれしく、光栄に思っています。昨年のことはまるでおとぎ話のようでした。ヤマハ タイランド レーシングチームでは、AP250のチャンピオンを獲得し、イタリアへ行ってVR46 ライダーズアカデミーのライダーと一緒に練習することもできました。これは本当に、信じられないような経験でした。短い期間ではあったけれど、そこに参加することができ、インストラクターやスタッフのおかげで多くを学べたことだけで十分にうれしかったです。ところがその上に、これからはいつも一緒にトレーニングできるのですから、僕は一生に一度の大きなチャンスをもらったと思っています。僕はバレンティーノの大ファンで、ずっと尊敬してきたお手本です。だから彼からいろいろ学べることは、僕にとっては大きな意味があります。このようなチャンスを与えてくれたバレンティーノ、ヤマハ、そしてVR46 ライダーズアカデミーに感謝しています。今は懸命に取り組み、シーズンでは多くを学び、CEVで活躍したいと思っています」とウォンタナノン。

「VR46 ライダーズアカデミー」は、バレンティーノ・ロッシが、これまで積み上げてきた経験と知識をもとに、世界のトップライダーを目標とするイタリア人若手ライダーの活動をサポートするために2014年に開設。ヤマハは2016年に「VR46 ライダーズアカデミー」と3年間のオフィシャル・パートナーおよびモーターサイクルのオフィシャル・サプライヤー契約に合意。「VR46 ライダーズアカデミー」と協力して、アジアから世界に羽ばたくライダーの育成を目的に構築するステップアップに連動する育成システムとして「ヤマハVR46マスターキャンプ」をスタートした。

2016年の7月と9月に2回、アジア選手権AP250クラスに参戦するヤマハの若手ライダーを対象としたトレーニングプログラム「マスターキャンプ」を実施。インドネシア、タイ、マレーシア、日本から、ウォンタナノンを含む6人が、約1週間にわたってイタリアに滞在し、「VR46 ライダーズアカデミー」のライダーやロッシとともに、モーターランチなどでの走行や、ジムでのトレーニング、マシンの技術的要素に関する講義などに参加した。



CONTACT US

編集部へのお問い合わせはこちらから

お問い合わせ
Copyright (C) RIDINGSPORT. All rights reserved.