• TOP
  • NEWS一覧
  • 全日本RR最終戦MFJ-GP鈴鹿_JSB1000決勝レース2

NEWS

全日本RR最終戦MFJ-GP鈴鹿_JSB1000決勝レース2
2016/11/06

  本日2回目のJSB1000クラスの決勝。レース1が8周だったのに対してレース2は20周のレース。
 レース1同様に中須賀克行(YAMAHA FACTORY RACING TEAM)がホールショットを奪ってレースをリード。オープニングラップで2番手に浮上したのは10番手スタートの加賀山就臣(Team KAGAYAMA)。高橋巧(MuSASHi RT ハルク・プロ)、津田拓也(ヨシムラスズキシェルアドバンス)、レオン・ハスラム(Team GREEN)らが続く。
 オープニングラップを終えてホームストレートに戻ってきたライダーたち。突然、立ち上がり付近で加賀山が転倒。マシンがストレート上に横たわる形で滑る。ラインをふさがれて渡辺、ハスラムも転倒。これで赤旗が出されてレースは中断。
 15分ほどの中断を経て改めて20周の周回数でレーススタート。渡辺の姿はグリッドになかったものの、加賀山、ハスラムはこの日3回目のスタートを切った。
 今度はハスラムがホールショット。ダンロップコーナー手前で藤田拓哉(YAMALUBE RACING TEAM)がトップを奪取。しかしバックストレートでハスラムが首位奪回。そのままオープニングラップを制する。背後につけたのは中須賀。この3台に津田、野左根航汰(YAMALUBE RACING TEAM)、高橋が続き、6台でトップ集団を形成する。
 ハスラムの背後にぴたりとつけて周回を開始した中須賀。
 5周目に入る直前のシケインで津田が転倒。すぐにマシンを起こしてレース復帰するも、大きく順位を落としてしまう。
 ここからハスラム、中須賀、野左根が3台でトップ争いを開始。ファステストラップをたたき出しながら高橋が追い付き、4台の優勝争いに発展。
 ハスラム、中須賀、野左根、高橋の順で周回を重ねる4台。
 12周目。スプーンカーブでハスラムがラインを外し、中須賀が前に出る。しかしハスラムはバックストレートで首位奪回。背後では高橋が野左根に並びかける。結局は首位争いも表彰台争いも順位は替わらない。
 15周目の2輪シケインで中須賀が前に出た。中須賀はあっと言う間にハスラムを引き離しにかかる。16周目には周回遅れをかわしながら2分6秒台にタイムを入れた中須賀。独走体制に入る。
 背後では高橋が3位浮上。野左根を引き離しながらハスラムを追う。
 中須賀は最後は3秒以上の差をつけて圧勝。高橋はハスラムを捕えることはできなかったものの表彰台を獲得した。
●優勝・中須賀 克行(YAMAHA FACTORY RACING TEAM)
「最初の赤旗で、レオン(ハスラム)と渡辺(一樹)選手が絡んでしまって、レオンは手を痛めてしまったことがモニターで確認できました。彼は万全の体制ではなくなってしまって、レースはどうなるかなと思っていました。それもあって自分の思いどおりの展開に持っていくことができて、自分の仕掛けたいところで仕掛け、ペースを上げることもでき、レースをしっかりとコントロールできました。今シーズンを勝ちで締めくくることができ、来年につながるいい走りになったと思います。レース1はプレッシャーに押しつぶされそうで、がくがくぶるぶるしていましたが、レース2は思い通りの走りができました。来シーズンは、全日本での記録更新なのか、違う形でのチャレンジになるのかは分かりませんが、全日本であれば更新していきたいし、だれにも抜けない記録を作ってやろうと思っています」
●2位・レオン・ハスラム(Team GREEN)
「(赤旗の原因となった転倒に関して)僕にとってとても怖くて危ない転倒でした。バイクが背中にヒットしそうだったけど、それは免れることができてラッキーでした。セカンドバイクは少しフィーリングが違っていたし、転倒によって手首を負傷して痛かったけれど、結果的に2位表彰台を獲得できてうれしいです。中須賀選手はホントに強くて、すべてにおいて自分よりも上回っていましたが、彼とのバトルを楽しむことができました。来年の鈴鹿8耐でもバトルしたいし、機会があればまた全日本でもバトルしたいです」
●3位・高橋 巧(MuSASHi RT ハルク・プロ)
「表彰台獲得はうれしいですが、3位ですからね。それでも今年はずっと5位、6位という結果が続いていたので、前戦の岡山で2位、今回は3位になれたのでよかったです。実際バイクに関しては何も変わっていないので、人間で合わせていきました。シーズン前半は苦労して結果を残せませんでしたが、岡山をきっかけにペースがつかめて、今回は2分5秒台を出すこともできて自信になりました。今日もいけると思ったのですが、いつもと同じようにスタートでミスしてしまいました。自分のミスなので、そこをしっかりと直せばもっとおもしろいレースができると思っています。来年の課題です」
 

CONTACT US

編集部へのお問い合わせはこちらから

お問い合わせ
Copyright (C) RIDINGSPORT. All rights reserved.