NEWS

MotoGP第5戦フランスGP Moto3決勝
2018/05/21

 MotoGP第5戦フランスGP、Moto3クラスは、フランスのル・マン、ブガッティサーキットで決勝レースを行ない、アルベルト・アレナス(KTM)が優勝した。

Moto3クラスの決勝レースは気温19度、路面温度33度のドライコンディションで争われた。スタートでトップに立ったのはポールスタートのホルヘ・マルティン(ホンダ)。2周目にヤコブ・コンフェイル(KTM)がトップに立ち、マルティン、マルコ・ベゼッチ(KTM)、ファビオ・ディ・ジャンアントニオ(ホンダ)、エネア・バスティアニーニ(ホンダ)らが続く。

マルティンは2周目にトップを奪還するが、5周目の最終コーナーでベゼッチがトップに浮上。序盤の段階でトップ集団は5台となり、コンフェイル、ベゼッチ、ジャンアントニオ、バスティアニーニの順で続き、周回を重ねていく。

レース中盤になると、トップ集団にニッコロ・アントネッリ(ホンダ)、アンドレア・ミーニョ(KTM)、アレナス、マルコス・ラミレス(KTM)、トニー・アルボリーノ(ホンダ)が追いつきトップ集団は10台に膨れ上がる。

終盤になるとベゼッチとマルティンが激しくトップを争う。22周のレースの21周目の最終コーナー立ち上がりで4番手を走っていたバスティアニーニがハイサイドで転倒、直後を走ったいたコンフェイルが避けきれず、グラベル上で転倒したバスティアニーニのマシンに乗り上げ、大きくジャンプしてしまうが、転倒は免れた。

これでトップ争いはベゼッチ、マルティン、ジャンアントニオの3人のバトルとなって最終ラップを迎える。ベゼッチがトップをキープして最終コーナーに進入するが、そのインをついたのがジャンアントニオ。ジャンアントニオは前に出ることに成功するが、抜かれたベゼッチは挙動が乱し、ハイサイドで転倒、直後につけていたマルティンが巻き込まれて転倒してしまう。

これでジャンアントニオがトップでチェッカーを受けるが、ジャンアントニオは21周目の9コーナーでコース外走行のペナルティを取られ、レースタイムに3秒加算となってしまった。これで2位でチェッカーを受けたアレナスがグランプリ初優勝を達成、3位でチェッカーを受けたミーニョが2位に繰り上がり、4位でチェッカーを受けたラミレスが3位に繰り上がった。

ペナルティを受けたジャンアントニオは4位に終わり、グランプリ初優勝は幻となってしまった。5位にアントネッリ、コンフェイルは6位に入賞。アルボリーノが7位に続き、前戦のペナルティで最後列からスタートし追い上げたアロン・カネト(ホンダ)が8位、鈴木 竜生(ホンダ)が9位に入賞した。10位にジャウマ・マシア(KTM)が入賞。

佐々木 歩夢(ホンダ)は16位、鳥羽 海渡(ホンダ)は17位。真崎 一輝(KTM)はスタート直後の4コーナーで転倒しかけたものの、驚異的なリカバリーで立て直し、最後尾付近まで後退しながら追い上げて18位でゴールした。

ベゼッチとマルティンはリタイアに終わり、チャンピオンシップ争いではベゼッチがランキングトップ。4ポイント差のランキング2位にジャンアントニオ、7ポイント差のランキング3位にカネト、マルティンはトップから8ポイント差のランキング4位に後退してしまった。



CONTACT US

編集部へのお問い合わせはこちらから

お問い合わせ
Copyright (C) RIDINGSPORT. All rights reserved.