NEWS

SBK第4戦アッセン 決勝レース2
2018/04/23

 SBK(スーパーバイク世界選手権)第4戦アッセンラウンドは、オランダのアッセンで決勝第2レースを行ない、トム・サイクス(カワサキ)が優勝した。

レース2は気温23度、路面温度30度のドライコンデションで争われた。リバースグリッドによりポールポジション位置からスタートしたサイクスはスタートからトップに立つと1周目には2番手以下に約1秒2の差をつけて独走。5周目には約2秒5と周回を重ねるごとに差を開き、そのまま独走で、最終的に5秒445の大差をつけて今シーズン初優勝を飾った。

序盤はチャビ・フォレズ(ドゥカティ)が2番手につけ、サイクスを追ったが、6周目にジョナサン・レイ(カワサキ)、マイケル・ファン・デル・マーク(ヤマハ)に相次いで交わされ後退。レイとファン・デル・マークが接戦の2番手争いを終盤まで展開したが、残り3周あたりからレイが一歩抜け出し、そのまま2位でゴール。ファン・デル・マークはレイから2秒062差の3位に入賞、ホームレースで2レース共、表彰台を獲得した。

フォレズは単独4位でゴール。チャズ・デイビス(ドゥカティ)は単独5位でチェッカーを受けた。

6位争いは5人のライダーによる接戦となり、中盤にこの集団の先頭に立ったジョルディ・トーレス(MVアグスタ)が6位に入賞。マルコ・メランドリ(ドゥカティ)が僅差の7位に続き、ロリス・バズ(BMW)が8位、トプラック・ラズガットリオグル(カワサキ)が9位、ロレンツォ・サバドーリ(アプリリア)が10位に入賞した。

ダビデ・ジュリアーノ(アプリリア)が11位に、マイケル・リナルディ(ドゥカティ)が12位に、パトリック・ヤコブセン(ホンダ)が13位に入賞。アレックス・ロウズ(ヤマハ)は6番手走行中の13周目の16コーナーで転倒、再スタートして14位。オンドレ・ジェゼック(ヤマハ)が15位、ヨニー・エルナンデス(カワサキ)が16位に続き、レアンドロ・メルカド(カワサキ)とロマン・ラモス(カワサキ)は転倒リタイアに終わった。

WSS(スーパースポーツ世界選手権)クラスでは、ジュール・クルゼール(ヤマハ)が接戦を制して優勝。グリッドに向けたサイティングラップに出れず、最後尾スタートとなったランディ・クルメナヒャー(ヤマハ)が驚異的な追い上げてでトップ争いに加わり、2位に入賞。ラファエル・デ・ローサ(MVアグスタ)が3位に入り、開幕から続いたヤマハ勢の表彰台独占を阻止した。

大久保 光(カワサキ)が12番グリッドからスタート、11番手走行中の2周目の5コーナーで接触転倒し、再スタートしたものの、12周を回ってピットに戻り、リタイアとなった。


CONTACT US

編集部へのお問い合わせはこちらから

お問い合わせ
Copyright (C) RIDINGSPORT. All rights reserved.