• TOP
  • NEWS一覧
  • MotoGP第3戦アメリカズGP Moto2 2日目予選

NEWS

MotoGP第3戦アメリカズGP Moto2 2日目予選
2018/04/22

 MotoGP第3戦アメリカズGP、Moto2クラスは、アメリカのテキサス州にあるサーキット・オブ・ジ・アメリカズ(COTA)で2日目の予選を行ない、アレックス・マルケス(カレックス)が2分10秒588でポールポジションを獲得した。

Moto2クラスの予選は気温22度、路面温度22度のドライコンデションで争われた。マルケスはセッション序盤からリーダーボードのトップをキープしたが、残り15分を切ったところでサム・ロウズ(KTM)がファステストを更新してトップに浮上する。しかし、終盤の残り3分を切ったところで、マルケスが2分10秒588を記録してトップを奪還。開幕戦カタール以来となる今シーズン2回目のポールポジションを獲得した。

ロウズは2分10秒744で2番手となり、Moto2クラス復帰初のフロントロウを獲得。ポイントリーダーのマッティア・パシーニ(カレックス)が2分10秒993で3番手に続き、フランチェスコ・バニャーヤ(カレックス)は最後のアタックラップ中にコース前半でミスし、タイム短縮ならず、2分11秒009で4番手となった。

5番手に2分11秒124でMoto2ルーキーのホアン・ミル(カレックス)が続き、Moto2ベストグリッドを獲得。6番手に2分11秒199でルカ・マリーニ(カレックス)、7番手に2分11秒257でチャビ・ビエルヘ(スーター)、8番手に2分11秒276でマーセル・シュローター(スーター)、9番手に2分11秒282でファビオ・クアルタラーロ(スピードアップ)、10番手に2分11秒283でイサック・ビニャーレス(カレックス)の順で続き、長島 哲太(カレックス)は2分12秒457で26番手から決勝に臨む。



CONTACT US

編集部へのお問い合わせはこちらから

お問い合わせ
Copyright (C) RIDINGSPORT. All rights reserved.